2009年09月29日

当麻寺散策

当麻寺の西塔
20090925 (28).JPG
20090925 (11).JPG

当麻寺の西南院に水琴窟あり
西南院の庭園には二つの水琴窟があり、どちらもすばらしい音色を
奏でていた。
20090925 (33).JPG

20090925 (35).JPG

西南院の庭園の池には西塔が・・・。
20090925 (25).JPG


鬼瓦とマンホールの蓋
20090925 (361).jpg

20090925 (50).JPG




posted by TOMISAN at 22:34| 大阪 ☔| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

「白隠正宗」純米吟醸

20090913 (2).JPG
高嶋酒造株式会社
静岡県沼津市
ほのかな吟香と軽快な旨味のバランスのとれた味わい酒です。
と焼き鳥屋「一徹」のオヤジにすすめられた。

masamune.jpg

製造法/純米吟醸  
精米歩合/50%  
日本酒度+2〜+4 
酸度1.3
アルコール度/16〜17度未満

posted by TOMISAN at 17:35| 大阪 ☔| 日本酒の楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マグロ

KC380006.JPG
妻と「堺中央魚市場のイベント」に出かけた。
出番待ちの「黒マグロ」と二つ並んだマグロの兜が
目立ちました。
posted by TOMISAN at 17:13| 大阪 ☔| 日本酒の楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕陽に輝く近鉄松原駅構内

20090922.JPG
9月20日(日)帰路、近鉄松原駅構内で真っ赤な夕日が
綺麗だったので撮影した。
posted by TOMISAN at 17:05| 大阪 ☔| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利き猪口満杯のお酒「十四代」本丸

20090922 (4).JPG
何時もの藤井寺の「くろべえ」で
「十四代」本醸造の本丸秘伝玉返しと
栃木県の地酒「鳳風美田 亀の尾」を頂きました。

山形県産地酒「十四代 本丸秘伝玉返し」本醸造1800ml 高木酒造
14dai.jpg

鳳風美田 小林酒造
hououbidenkame.jpg
[由来]
酒蔵のある地域は、昔、美田(みた)と呼ばれていたことから、
地元の名前と、創業当初から使っていた「鳳凰金賞」の鳳凰を
取って、鳳凰美田(ほうおうびでん)となった。
幻の酒米と呼ばれた“亀の尾”で仕込んでいる。
純米吟醸無濾過生酒
原料米    美田地区産亀の尾
精米歩合    55%
アルコール度  16.8%
香りも良く、フルーティな純米吟醸無濾過生酒です。

posted by TOMISAN at 10:47| 大阪 ☁| 日本酒の楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

BE-PAL的雑魚観察器の作成

20090912 (14).JPG

3ミリ厚のアクリル板とアクリルカッターとアクリル接着剤を
ホームセンターで購入して雑魚観察器を作成した。
苦戦したアクリルカッターと小クランプを使い、
縦33mm×横150mm×深さ110mmの雑魚観察器が完成した。
カメラ用にも使えるのでとても便利である。
渓流釣りのアイテムに加えてやろう。

20090912 (12).JPG
posted by TOMISAN at 13:54| 大阪 ☀| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水槽棚の改善と巨大水槽

20090906 (14).JPG

棚の改善に伴い、倉庫に眠っていた
大水槽(30×60×45)を出してきた。
3匹の出目金と水草用に使用することにした。
これだけ広いと金魚も大きく育つだろう。

20090906 (2).JPG
posted by TOMISAN at 13:34| 大阪 ☀| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モモ介と岩湧山散歩

首輪が嫌いなモモ介と久しぶりに岩湧山へ散歩に出かけた。
途中の岩湧寺のシュウカイドウが満開を迎えていた。
岩湧の森に入ると道沿いにシュウカイドウが咲き、
傍らの渓流も涼しげで別世界に来たような気分に浸れ、
特に岩湧寺の辺り一面はシュウカイドウの花に包まれ
カメラマンがたくさんいた。
20090906 (13).JPG

20090906 (9).JPG
posted by TOMISAN at 13:16| 大阪 ☀| 我儘娘の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

冷酒のリハビリ(No2)

20090826 (3).JPG
◆十四代「純米大吟醸」酒未来 
醸造元:高木酒造株式会社(山形県村山市)
使用米:酒未来40%精米
アルコール度:16度
仕込水:桜清水(自然湧水)
杜氏:高木顕統(兼蔵元)

20090826 (7).JPG
長珍 純米無濾過生原酒・・阿波山田65%
麹米 : 徳島県阿波産山田錦 (精米歩合65%)
掛米 : 徳島県阿波産山田錦 (精米歩合65%)
上澄みを一本ずつ丁寧に手詰めした無濾過生酒。
新聞紙で梱包された粋なおさけです。
美味しい酒と注文し、出てきました。
焼き鳥屋「一徹」のおやじです。

20090826 (15).JPG
飛露喜(ひろき)「特別純米」生詰
合資会社廣木酒造本店  福島県
上立ち香はほとんど感じられないほど穏やかです。
含むとあふれるような旨みと、ほのかな含み香が感じられ
ややドライな辛口。

20090826 (18).JPG
旭菊 純米吟醸 麗
山田錦50% 酵母9号系
日本酒度+3 酸度1.4
アルコール分 15度
posted by TOMISAN at 22:47| 大阪 ☀| 日本酒の楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒度25度の超超辛口のお酒「刈穂」

hp_kariho_choodokyu25_2a.jpg
刈穂山廃純米生原 超弩級 気魄の辛口+25
2009年5月、秋田の刈穂から超辛口番外品を越える、
なんと日本酒度+25、超超辛口の日本酒を呑みました。
日本酒度は、日本酒の比重を表す単位で、
日本酒度がプラスに大きく振れれば辛口という目安です。
日本酒度が+25というのは、市販されている日本酒では
何番目かの高さです。ただし、あくまで目安であって、
皆さんが飲んでみてどう感じられるかは、それぞれと思います。
私はそんなに辛口には感じず、うまみのある辛口という感じで
飲みました。山廃純米の生原酒ですので、通常の日本酒の日本
酒度が高いものとは、かなり味の違いがあると思います。
原料米 麹米 美山錦
掛米     秋の精
精米歩合 60%
アルコール度 19度
日本酒度 +25 

posted by TOMISAN at 21:50| 大阪 ☀| 鮎釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントのタグを暫く削除します。

8月から我ブログに迷惑なコメントが投稿されるため
しばらくコメントの受付を取り止めます。
posted by TOMISAN at 21:24| 大阪 ☀| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。